みみよりブログ

夏の終わりの展覧会

イベント情報

こんにちは。
お盆休みも空けて、8月もあと残り2週間をきりました。
この時期は学校の宿題に追われていたなぁなんて遠い目に。

2つの展覧会も終わりまで残りあとわずか。

●8月27日(日)まで 兵庫県・加古川総合文化センター
「ミッフィーのたのしいお花畑 ディック・ブルーナが描くお花と絵本の世界展」
http://www.dickbruna.jp/news/201706/5029.html

●8月31日(木)まで 長野県・佐久市立近代美術館
「美術館に行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」
http://www.dickbruna.jp/news/201706/4995.html


さあ、さっそく展覧会の様子をのぞいてみましょう。
まずは「ミッフィーのたのしいお花畑」展から。
会場の加古川総合文化センターは帽子のような形のプラネタリウムが目印です。
外周辺_加古川

展示室入口には花の中を自転車で駆けるミッフィーがお出迎え。
どきどき、わくわく。
入場_加古川

「花」と「植物」を中心に、ブルーナさんの作品を紹介するこの展覧会。


たとえば、絵本『うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん』の印象的なシーン。
じっくり見つめる小さな目にはどう映っているのでしょうか。
だいすきなおばあちゃん_加古川

展示室内にはぬりえや絵本を楽しめるコーナーもありますよ。(詳細はこちらから)

しめくくりは撮影スポットでミッフィーたちとはい、ポーズ。
「ミッフィーのたのしいお花畑」展の記念にどうぞ。
撮影スポット_加古川


お次はところ変わって、長野県の佐久市立近代美術館
「美術館に行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」は
3つのパートで構成された
展覧会。佐久_外観

技法別に展示されたブルーナさんが手掛けたペーパーバックを見ることができるのは
最初の「考えてみよう」のパート。
マティスやレジェなどの画家たちから影響を受けたブルーナさんが
独自のスタイルを確立していったことがよく分かります。
ペーパーバック_佐久

「見てみよう」では、美術館の所蔵作品がずらり。
絵本『うさこちゃん びじゅつかんへいく』のパネルが、
難解に思われがちなモダン・アートをぐっと身近に感じられる手助けに。見てみよう_佐久

ブルーナさんのイラストとモダン・アートの素敵な出会いは、展示室の外にも。
階段の昇り降りも楽しくなりますね。
階段_佐久

展示を堪能した後は「作ってみよう」パートへ。
ぬりえや折り紙、「いろがみワーク」で創作体験に挑戦できます。
ワークショップ_佐久


夏の終わりは、展覧会へ。

「ミッフィーのお花畑」展は8月27日(日)、
「美術館に行こう!」展は8月31日(木)までですのでお忘れなく。

カットアウト_すくーたー_佐久


zomer